重曹ペーストでピカピカキッチン

弊社社員がドギモを抜かれた、驚きの洗浄力!!
それはなんと自然素材の重曹を使ったお掃除術!
油汚れをとことん落としてくれる助っ人“重曹ペースト”をぜひ作ってみましょう。

ご用意していただくもの:合計9点 

(1)計量スプーン(大さじ) 
(2)重曹 約200g(薬局など) 
(3)水 約2リットル (4)ぞうきん2~3枚 
(5)重曹ペーストを作る容器 ボウル等 
(6)スポンジ (7)金タワシ1個
(8)ゴトクがつかるぐらいの大きめのお鍋 
(9)捨てる直前の歯ブラシ1本

〔重曹ペースト作り方〕 

ボウル等の容器に重曹を大さじ3、お水を大さじ1入れて混ぜると、
とろりとした“重曹ペースト”の出来上がりです。
DVC00218.jpg

※上記の分量よりも多くの重曹ペーストを作りたい場合、重曹と水の分量比が
だいたい3;1になるようにお水の加減を調整して下さい。

出来上がりの目安としては、重曹とお水を混ぜた状態で、
ヨーグルトのようにとろっとした感じになったら完成です♪

〔お掃除手順〕 

①グリル・受け皿に重曹ペーストをのせて、雑巾の上で約7分~10分置く。

DVC00252.jpg
DVC00231.jpg

 ②コンロの天板の汚れた部分に重曹ペーストをのせてしばらく置く。
 ※①と②は、置く時間が長いほど汚れが取れやすくなります。

 置く時間については、汚れ具合によって変わってきますので、重曹に汚れが浮き出しているかを見ながら作業していただくことをおすすめします。だいたいの目安時間としましては、汚れが強い場合には、だいたい約40分~1時間くらい置き、
汚れが軽い場合は、10分~30分くらい置いてみてください。
DVC00228.jpg

③ゴトクの汚れが強い場合、お鍋にお水2リットルを入れ、重曹を大さじ8入れます。ゴトクがすべてお水につかるようにお鍋に入れ、火にかけて沸騰したらガスを止めます。

※ゴトクの汚れが軽い場合、①のグリル・受け皿の手順同様に、ゴトクに重曹ペーストをのせて雑巾の上で置いてみてください。十分汚れが取れない場合は、置く時間を長くするか、もしくは上記③の手順に従ってゴトクを煮てみてください。

IMG_0490.JPG

  ④「①」でつけ置きしたグリル、受け皿等の汚れ部分を歯ブラシ・スポンジでこすり、仕上げに汚れを落とします。
  「③」のゴトクは汚れがひどい部分に は金タワシで汚れを取り、汚れが取れたらスポンジで洗ってください。
  ※金タワシとスポンジを使い分けることで、傷つきを防止します。
DVC00254.jpgDVC00256.jpgDVC00253.jpg

DVC00236.jpg重曹パワー!IMG_0493.JPGIMG_0494.JPG
DVC00238.jpgつるり!とピカピカ!
DVC00199.jpgガラストップコンロ!DVC00203.jpg油汚れに重曹大活躍!

DVC00241.jpg

DVC00243.jpg


⑤コンロの天板については、濡れ雑巾で「②」でのせた重曹ペーストを拭き
 取ってください。※金タワシやスポンジでこすったり拭き取ったりすると
 傷つきの原因になりますので、ご注意ください。

《注意事項》 

◆①の前に、シンクの上に水に濡らした雑巾を敷き、シンクに傷がつかないように準備します。

DVC00211.jpg

◆③の時、沸騰したお湯は、強アルカリ性になっています。強アルカリ性は肌を傷めるので、お鍋からゴトクを取り出す時は、必ずゴム手袋をして作業を行ってください。
 ※ご不明な点が御座いましたら弊社までご連絡ください。
 ※グリルの網は一つ千円前後で販売しております。(機種によっては生産中止のものもあります)